ニュース

フリーランスのコロナでの助成金の条件や申請方法は?補償の期限はいつまでか調査!

Sponsored Links

 

フリーランスの助成金について「4100円」が日給になる可能性が

あるということで、蓮舫議員がかなり怒っているシーンがありましたが

フリーランスがそもそも助成金を受け取れる条件とは一体何でしょうか?

 

今後の動向にも注目すべきですが、フリーランスが

助成金を受け取るための条件や申請方法についてまとめていきます。

 

 

フリーランスがコロナでの助成金を受け取るための条件について

 

こちらについてですが、3月10日に発表された緊急対応策では

経済産業省の「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」で

一通り説明されております。

 

条件についてですが、主に3つの条件があるようですが

フリーランスに関係あるものをピックアップします。

 

まずは、「新型コロナウイルス感染症特別貸付」についてです。

・実質無利子融資

-特別貸付(金利当初3年、0.9%引き下げ)

【対象要件】:売上高▲5%以上減少※個人事業主(フリーランスを含み、小規模に限る)については、柔軟に対応

-特別利子補給制度

特別貸付を利用した事業者を対象に利子補給

【対象要件】個人事業主(小規模):要件なし

小規模(法人):売上高▲15%減中小企業:売上高▲20%減

 

・金利▲0.9引下げ

金利当初3年▲0.9%引下げ

【対象要件】売上高▲5%以上減少※個人事業主(フリーランスを含み、小規模に限る)については、柔軟に対応

 

また、融資対象については、大まかにいえば

「最近1ヶ月の売上高が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した方」

「が前年又は前々年の同期と比較して5%以上減少した方」

になりますが、フリーランスなどの個人事業主は

”影響に対する定性的な説明でも柔軟に対応”とあるので正直わかりません。

sponsored link


ちなみにお問合せ先は下記の通りになります。

【お問合せ先】

日本政策金融公庫事業資金相談ダイヤル:0120-154-505
沖縄振興開発金融公庫(沖縄で事業を行っている方)
融資第二部中小企業融資第一班:098-941-1785

 

また、「特別利子補給制度」においてもフリーランスも対象になっています。

【適用対象】

「新型コロナウイルス感染症特別貸付」により借入 を行った中小企業者の うち以下の要件を満たす方

①個人事業主(フリーランス含み、小規模に限る):要件なし

②小規模事業者(法人事業者):売上高▲15%減少

③中小企業者(上記➀➁を除く事業者):売上高▲20%減少※小規模要件・製造業、建設業、運輸業、その他業種は従業員20名以下・卸売業、小売業、サービス業は従業員5名以下

 

特別利子補給制度については、具体的な手続きについては

中企庁HP等で公表予定ですので、チェックするようにしましょう

フリーランスがコロナでの助成金を受け取れる期間については?

 

貸付期間については上記の「融資対象」について取り上げられています。

【資金の使いみち】運転資金、設備資金

【担保】無担保

【貸付期間】設備20年以内、運転15年以内(うち据置5年以内 )

【融資限度額(別枠)】中小事業3億円、国民事業6000万円

【金利】当初3年間 基準金利▲0.9%、4年目以降基準金利

引用元

 

期限については決まっていないですが、本当に決まっていないのでは・・?

具体的な期間が決まり次第HPでアップされると思うのですが

個人的には3月末か4月末ではないかと予想しております。

 

以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございましt.あ

 

Sponsored Links