日記

サウナで整う入り方とは?初心者におすすめの施設も紹介!

Sponsored Links

サウナにそこまで入ったことがない方でも入ったことがない方でも

サウナで「ととのう」というワードはどんな意味なのだろう?と

思われている方もいると思います。

 

今回については、サウナで「ととのう」入り方ってなんなんだろ?という方に

サウナ愛好家、俗に言うサウナーが行う一般的な入浴方法をご紹介していきます。

 

ととのうサウナの入り方

 

簡単に言うと流れとしてはこんな感じです。

・サウナ(5~12分)

・水風呂(30秒~2分)

・休憩(5分~10分)

中には水風呂に入っていると「ととのう」になるようですが

大体の方は休憩中に「ととのう」ことが多いです。

 

サウナーにとってサウナというのは水風呂に入るための事前準備でして

水風呂がメインディッシュ、そして休憩がデザートと言われる方が多いです。

個人的には休憩がメインディッシュだと思います。

 

そしてここからは、どうやって、「ととのう」という状態に

近づきやすくするためにするのかについてご紹介します。

 

体と頭を洗って皮膚の汗腺の汚れを取る

 

サウナに入る前に体と頭をしっかりと洗いましょう

理由は極めてかんたんで「他のお客へのエチケット」「きれいな汗を流す」です。

 

いずれも体の汚れが溜まっている状態では、汚れが蓋の役割となり

汗が普段よりかきにくくなってしまいます。

そして体を洗わないでいると体臭やタバコのニオイなどの不快なニオイ

サウナ内に充満(これが狭いサウナだと地獄に変化)すると

非常に迷惑することになってしまいます。

 

サウナに入る前に水を飲む

 

基本的にサウナに入る前には水を飲みましょう

 

基本的には「コップ一杯分の水(大体100mlくらい?)」を

サウナ前に飲むと、脱水症状になりにくくなります。

 

サウナ入った後で、水分が足りていないだろうから

ちゃんと水分補給するというのはいい線いっていますが

サウナに入る前も水分を取りましょう。

 

サウナからでたらかけ湯(かけ水)をする

 

大体の銭湯やサウナ施設ですと、水風呂の近くに

「水風呂に入る前に汗を流してください!」という注意書きがあります。

 

理由は簡単で、「他人の汗が混じるのは衛生的によくない」からです。

たとえ自分の汗でも、きれいな水風呂を汚すのはその後の入り心地も

悪くなりますし、汗を流さないせいで、水風呂の水が体に触れにくくなります。

 

休憩する前は体の水気を払う

 

体が濡れていると、皮膚の水分が体温を奪うため

水風呂から出て、休憩する時に体の体温を取り戻すために

非常に邪魔になってしまいます。

 

そうすると休憩時に寒いと感じてしまい

リラックスできる状態から遠くなってしまいます。

 

なので、水気を払うことで、体温変化を緩やかにすることができます。

 

サウナ初心者におすすめの施設は?

 

天空のアジト マルシンスパ(男性専用)

引用元

 

・サウナ室内温度:104℃(毎月20日は温度が10℃アップ)

・水風呂:18℃~20℃

  • 入浴価格

-通常入浴(12時間):2,500円

-3時間入浴            :2,000円

-90分入浴      :1,500円

 

京王線笹塚駅から徒歩一分の好立地にある、男性専用のスパです。

フィンランド式の「ikiストーブ」が導入されている狭いサウナ室内で

温度も100℃で湿度も十分にあるので、初心者から熟練サウナーまで

楽しめる施設となっております。

 

タイムズ スパ・レスタ

引用元

・サウナ室内温度:80~90℃

・水風呂:13℃~15℃

  • 入浴価格

-一般利用:2,850円

-スピード利用(100分以内):1,800円

-休日割増料(土・日・祝日・特定日):+400円

 

池袋駅東口、サンシャインシティのすぐ隣に立つ落ち着いた大人の雰囲気のスパで

毎時30分に行われる男性専用フィンランドサウナでは、色んなイベントがあります。

特にタイムズ・スパ・レスタは下記のイベントがあります。

・サウナハット着用のアウフグース

・ヴィヒタ(白樺の枝)を使用したアウフグース

・水風呂に氷を置くイベント

 

ちなみにタイムズスパ・レスタは外気浴スペースが豊富ですので

スムーズに休憩することができるのもポイントです。

サウナ&カプセルホテル北欧

引用元

 

引用元

・サウナ室内温度:106℃

・水風呂:12℃~16℃

  • 入浴価格

-3時間コース:¥1,400(休日は¥1,600)

-12時間コース:¥2,200(休日は¥2,400)

 

上野駅から徒歩一分の好立地にあるカプセルホテルでして

休憩スペースもデッキチェア: 8席 デッキチェア(フルフラット可): 3席と

非常に豊富です。

 

おまけにサ道のポスターを撮影した場所もここでして

聖地とも呼ばれつつあります。

 

ちなみに最近まではロウリュウサービスをやっていなかったのですが

最近は不定期でセルフロウリュとアウフグースをやっています。

 

まとめ

 

というわけで初心者おすすめの入り方や施設についてでしたが

初心者にこそアウフグースを受けてほしいなと思っています。

 

アウフグースは最初は熱くてすぐに出てしまうのですが

その後の休憩が一番気持ちいいのです。

それに関しては表現ができないので実体験してもらいたいです。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links