選抜高等学校野球大会

鹿児島城西野球部の2020年選抜のメンバーや監督の出身中学や注目選手のまとめ!

Sponsored Links

第92回選抜高校学校野球が今年の開催については

”無観客開催”の方針を発表しました。

 

球児の懸命なプレーでドラマチックな試合が繰り返されるので

毎年多くの観客が見ているのですが、今回はテレビ越しから見ることになります。

 

今回はその中でも選抜高等学校野球大会に出場される

高校についての主なメンバーと出身中学などまとめていきます。

 

 

鹿児島城西野球部の選抜の出身中学について

 

2019年高校野球九州大会秋季メンバーの出身中学は以下の通りです。

 

背番号 選手 守備 学年 中学
1 八方悠介 投手 2年生 唐津市立第一中
2 池山聖悟 捕手 2年生 鹿児島育英館中
3 原田高光 内野手 2年生 豊見城市立長嶺中
4 古市龍輝 内野手 2年生 鹿児島育英館中
5 長隆稀 内野手 1年生 瀬戸内町立古仁屋中
6 乗田元気 内野手 1年生 水俣市立水俣第二中
7 大島正太郎 外野手 1年生 加古川市立陵南中
8 板敷政吾 外野手 1年生 鹿児島育英館中
9 田代優晟 外野手 2年生 奄美市立朝日中
10 前野将輝 投手 2年生 南さつま市立大笠中
11 豊里力生 内野手 2年生 姶良市立重富中
12 鍛冶屋成希 不明 1年生 さつま町立宮之城中
13 巻宗馬 不明 1年生 宮崎市立久峰中
14 林誠人 不明 1年生 鹿児島市立松元中
15 平良侑裕 不明 1年生 名護市立名護中
16 米蔵虎聖 不明 1年生 鹿児島育英館中
17 上原渉扇 不明 2年生 名護市立大宮中
18 江口倭斗 不明 1年生 長島町立長島中
19 中塚大賀 外野手 1年生 瀬戸内町立古仁屋中
20 野元遼平 不明 1年生 いちき串木野市立串木野西中

12名が鹿児島県内中学の出身選手ですが、それ以外の県外からの中学については

「沖縄県:4名」「兵庫県:1名」「佐賀県:1名」

「熊本県:1名」「宮崎県:1名」

となっております。

sponsored link

鹿児島県城西高校の注目選手について

引用元

八方悠介(やかたゆうすけ)

 

低めに伸びる最速146キロのストレートに加え、切れ味抜群のスライダー

チェンジアップ、スプリットと多彩な変化球の持ち主です。

 

野球を始めたのは小学2年生からでして

中学の頃は糸島ボーイズに所属し、チームの中心選手として活躍しました。

高校進学時に、色んな高校から特待として誘われておりましたが

その中の一つに「鹿児島県城西」がありました。

プロ野球・ダイエーなどで活躍した佐々木監督に

プロになりたかったら俺のところにこい」と誘われ、佐賀県から鹿児島へと

やってきております。

 

選抜で更に活躍を見せれば、ドラフトでも声がかかりますし

注目株としても期待されている選手の一人です。

 

鹿児島県城西の監督について

引用元

監督の名前は「佐々木誠」です。

出身地 岡山県倉敷市
生年月日 1965年10月3日(54歳)
身長 181 cm
体重 85kg

 

鹿児島県城西高校の監督は2018年から担当されており

鹿児島県城西の初の甲子園出場へ大きく全身をした監督です。

 

南海やダイエー、西武などで活躍し、首位打者や盗塁王も獲得した佐々木監督

ですが、その歩みを支えたのは「反骨心」や「反発心」であります。

 

その気持は選手にも求めており、一年生をあえて試合に起用しております。

キャプテンである「古市龍輝」選手も下記のことを語っております。

 

「自分の性格を忘れていた」と苦笑いするほど、心を鬼にして選手と向き合った。6回に本塁打を放った主将の古市龍輝(2年)は「結果を出して、監督を見返してやるという気持ちが全員にあった。監督の言葉には意図がある」と口にした。

引用元

本人もすごい経歴でして1985年にプロ入りし、2001年に引退するまでに

NPB通算1581試合に出場、首位打者1回、盗塁王を2回、

ベストナインを6回獲得している、平成初期を代表するスター選手です。

 

こういったすごい経歴を持つ元プロ野球選手が監督に就任するのは

異例中の異例らしいですね・・・!

 

まとめ

 

 

というわけで鹿児島県城西高校のメンバーや監督についてでしたが

強豪校の仲間入りをするには監督のちからが合ったということがわかります。

 

今回の選抜高等学校野球大会でも結果を残せるかはわかりませんが

ぜひとも注目してほしいですね・・・!

 

というわけで以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

Sponsored Links