日記

満員電車でリュックを前にするのは意味ない上に邪魔?床や足元におけばいい?

Sponsored Links

普段電車通勤される方ならわかるのですが

電車内というのは身動きが非常に取りづらい上に

大きいリュックやバックが持っている人がいるとなんか邪魔に感じます。

 

電車内での「迷惑行為」の1位に選ばれたのが、背負いリュックですが

そもそも前だろうが後ろだろうが邪魔だと思ってる人はどのみち邪魔だろ

と思うのですがそれはいかがでしょうか

 

今回はリュックを前にすることについてのメリットデメリットや

その他のリュックの場所について調べていきたいと思います。

 

リュックを前にするメリットやデメリットについて

というわけで今回はリュックを前にする

メリットやデメリットについての二点から考察していきます。

 

リュックを前にするメリットについて

リュックを前にするメリットついては大体こんなことがあります。

・パーソナルスペースを有効活用できる(前にすることでスペースを確保)

・防犯上において、盗まれる可能性を減らすことができる

・前にあることでぶつからないようにコントロールできる

・広げたスペースでなんかできる(スマホやら読書やら)

・迷惑をかけていることに気づきやすい(は?)

 

前にすることの確かなメリットとしては

パーソナルスペースや防犯上の観点において非常に利点が働くことでしょうか

また、イラストで解説している方もおります。

なかには過激派の方もいらっしゃいます。

リュックを前にすることへのデメリットについて

 

一方でリュックを前にすることへのデメリットは下記の通りです。

・痴漢されるリスクが上がる

・受け身を取りやすくなる

 

と調べてみても案外デメリットが少ないことがわかります。

というか割と前にすることで利便性が勝っていると思います。

 

リュックを足元や下に置くことについて

 

こんなツイートもありますが

「だったらリュックを下に置けばいいのでは????」という意見もあります。

ちなみに足元におくことについては多くのツイートが反対意見を述べております。

・足元に余計なものがあるせいで、転倒したときに下敷きになりやすい

・特に満員電車の場合は視界が悪くなり、見れなくなるのでやめてほしい

 

そもそも、置く場所についてはその時々の状況で決まるので

リュックは前にしろ!!足元におけ!!!というのは難しいですね・・・

 

まぁリュックを持ってくるなという方については

自分自身が別のやつを持ってくればいいと思います。

 

ちなみにビジネスマンが背負っているのがこんなタイプの

リュックでしたらどんなに楽なのでしょうか

まとめ

というわけで電車内のリュックの場所についてでしたが

個人的には前に置くのがなんだかんだいいと思います。

 

しかし、女性の場合ですと痴漢のリスクを考えるならば

後ろにおいてそのリスクを軽減すべきであるので

実際のところは人それぞれによるとしか言いようがありません。

 

まぁ私はリュックを電車内で前にするという行為が非常にめんどくさいので

ショルダーバッグにしてすぐ切り替えができるようにしております。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links