ニュース

ジェナーロアルマの顔画像や経歴を調査!ダイヤモンド・プリンセスの船長で出身はどこ?

Sponsored Links

「ダイヤモンド・プリンセス号」の船長であるジェナーロアルマさんに対し

称賛の声が集まっております。

 

ダイヤモンド・プリンセスのジェナーロアルマ船長についてですが

普段のクルーズ自体の内容を見てみるとかなり豪華ですが

非常にアットフォームな雰囲気で行われるようですね。

 

今回についてですがジェナーロアルマ船長について調べていきます。

 

ジェナーロアルマ船長について

引用元

 

イタリア・ソレント半島出身のアルマ船長は

1998年に運営会社プリンセス・クルーズに入社しました。

最初は研修生からスタートし、2018年に船長に就任することになりました。

 

ダイヤモンド・プリンセスについてはコロナウイルスが関連付けられるのですが

インタビュー記事によると、アルマ船長がハリウッド俳優ばりのイケメンらしいですね。

 

当時のインタビュー記事によると、横浜港から出港し、釧路、サハリン、小樽、函館に

寄航しながら、再び横浜に戻ってくルートをたどっていました。

当時は日本列島を強い台風が横断していましたが、アルマ船長の判断により

安全なルートを通りながら問題なく運行していたそうですん。

 

かっこいいだけではなく、冷静かつ大胆な判断力と決断力を持っているのは

今回のコロナウイルスでも、船内に一日中閉じ込められた乗客ら2600人に向けて

頻繁にメッセージを送ったりし、励ましの言葉をかけております。

 

バレンタインデーのときにも、乗客にチョコレートを贈っております。

ダイヤモンド・プリンセスが日本に寄港したのは不幸中の幸い?

 

今日、乗客の船内からのSNSの投稿によると、こんな状況らしいでしたね。

「一人一人に体温計が与えられ、4時間ごとに測り、もし37.5度以上あったらすぐに船医に報告することになっています。」Facebookでの船上日記を綴るアレグラさん(仮名)。「ひっきりなしに検査が行われていて、今日は336のサンプルが採取されました。」

ダイアモンドプリンセス号では、現在計136人が感染。日本人45人、アメリカ人11人、オーストラリア人4人、フィリピン人3人、カナダ、イギリス、ウクライナ人各1名だ。プリンセスクルーズラインは、カーニバル社が運営する。

「船は、継続的にいろいろな物資を受け取ってます。安全な食べ物、個人用の薬、消毒用ウェットティッシュ、そして少なくとも1日2回は取り替えられるようにマスクも。救急車、消防車、警察、自衛隊が何時ももそばにいて、万一の時に対応できるようにしてくれてる。

致命的に不運だけど、幸運だと感じます。本当に。

最悪のピークは過ぎて、この望まない炉の火を少しずつ消し始めてるんだと思いたい。ともかくもうすぐ全部終わるはず。わかってる。確信してる。

日本の保健局とクルーズ会社は、私たちを完璧な方法でお世話してくれています。」

「報道によれば65人の感染者が見つかって、先の70人と合わせて135人に達しました。外には、たくさんの救急車。新しく感染ではなく、同時期に感染した人たちだから隔離期間は変わらない。」

「希望は、ついに最悪の時期を過ぎてゼロに向かってること。どんな痛みもひどいことも、最悪のピークが過ぎれば必ず終わりに向かうから。これも同じはず。」

引用元

 

上陸許可が出ていないので日本ではないのですが、日本からの手厚いフォローと親切さに

少なくとも日本の領海で良かったと思ってくれてるようですね。

 

少し話がそれますが、アルマ船長の落ち着いたアナウンスに乗客は信頼を寄せており

一部の外国人の声では、船長のリーダシップによりパニックが起きていないという

声もあります。

 

ですが結局ウイルスの感染者数が広がってしまったのは残念ですが

乗客から船長に対する評価というのは非常に良いものであったことがわかります。

 

 

まとめ

 

というわけでジェナーロアルマ船長についてでしたが

母国イタリアではアルマ船長のことを「イル・カピターノ・コラッジョーゾ

(勇敢な船長)」とたたえております。

 

また、ご結婚をされており妻マリアンなさんによると

アルマ船長は「温厚で、責任感の強い人」ということですが

今回の騒動から確かにそうであると思いますね。

 

コロナウイルスで今回のクルーズが全く別物となってしまい

白髪もできたそうですが、もし下手な船長だったらもっと荒れていると

思いますね・・・・・

 

というわけで以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 

Sponsored Links