ニュース

他県ナンバー狩りは逮捕することできない?被害対策や防止方法を紹介!

Sponsored Links

ゴールデンウィークから「他県ナンバー狩り」というのが起こっており

最近ではその他県ナンバー狩りが更に深刻化している状況です。

 

会社などの用事で他県に行くことや出張で行くこともありますが

地元の人が他県ナンバーの車両を意識的に離したりすることもある上に

過激な人は他県ナンバーの車両にダメージも与えることもあります

 

今回は他県ナンバー狩りに対しての対策や

逮捕ができないかどうかについてまとめていきます。

 

 

他県ナンバー狩りとは

 

他県ナンバー狩りとは、「他県ナンバーの車への嫌がらせ行為」のことを指します

嫌がらせ行為については多種多様がありますが、一例を紹介すると

こんなのがあります。

ネット上ではこういった嫌がらせ行為が怖いからという理由で対策を考えている人も

出てきておりますが、そもそも逮捕ができないのでしょうか?

 

他県ナンバー狩りは逮捕できない?

 

Twitterでは器物損壊罪で逮捕されるだろという情報があります

(1)器物損壊罪の定義

器物損壊罪は刑法第261条で定義されています。器物損壊罪は「他人の物」を「損壊」あるいは「傷害」した場合、成立します。

引用元

自粛警察や他県ナンバー狩りといった方がいることによって自分の行為が

正しい行為であると考えてしまっている人もいるのですが傲慢でしかないですよね・・

sponsored link

他県ナンバー狩りの対策方法は?

 

他県ナンバー狩りの対策方法というのは地元住民だけど他県のナンバープレートを

持っている方についてはステッカーを使用して代用ができます。

 

 

もちろん出張する人もこれを使えばごまかすことができるので

一応これを使って対策することはできます。実際わかりませんし

 

あとはドライブレコーダーを使って実際に現場を捉えることで

証拠材料として活用することができます。

 

 

まとめ

 

他県ナンバー狩りの対策になりますが、実際に証拠現場を抑えることや

ステッカーを貼って防止することしかできませんね・・・・

 

抑止力になっているとは言いますがやってることは

犯罪行為と変わらないのでやめてほしいですね。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links