ニュース

大阪モデルの内容や評価について!危険や反対の意見についても

Sponsored Links

大阪の吉村知事は5月5日、府独自の基準や根拠に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』を発表しました。

緊急事態宣言の延長を受け国に先駆けて自治体が出口戦略を示す試みとなりました。

大阪府が出した大阪モデルとはいったいどういうものなのかについて

そしていつから採用されるのかなど詳しく知らべてみました。

 

 

大阪モデルとはどういうものなのか

 

大阪モデルとは現在出されている「自粛要請の解除する時期や基準を数値で示したもの」です。

大阪府が独自での基準なので「大阪モデル」と呼ばれております

その内容については下記3つのものとなっております。

①感染経路不明の人数 10人未満

⇨前の週と比べて増えていないこと(直近7日間の平均)

②PCR検査の陽性率 7%未満

⇨直近7日の平均で

③重症患者用の病床の使用率 60%未満

 

大阪モデルはいつから始まる?

現時点では「5月15日」にすべての基準を7日間連続で達成できていれば

自粛などを段階的に解除するそうです。

 

大阪モデルは危険?

 

現在注目されている大阪モデルについてですがTwitterでは危険ということが指摘されています。

 

大阪モデルの根拠については数値化されてわかりやすいのがわかりやすいメリットですが

一方で科学的根拠については特に明示がされていないので「パフォーマンス」ではないかという

意見があります。

 

正直正解はどっちかはわかりませんが、今必要と言われているスピード感とは

違ってなにか焦ってしているような印象に受け取られかねないという部分がありますね・・・

 

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links