ニュース

武漢研究所が新型コロナウイルスの決定的証拠の公表はいつ頃?真相についても調査

Sponsored Links

アメリカのトランプ大統領は3日に新型コロナウイルスが中国の武漢市の研究所から

流出したとの主張を裏付ける「決定的な]

証拠を含む報告書を公表する考えを示しました。

 

トランプ大統領は「非常に強力な報告書を出す」を主張をしていることから

相当自信があるということなので注目をされております。

 

一方で中国についてはトランプ大統領の主張を強く否定しておりまして

「大統領選挙のパフォーマンスである」ということを主張しております。

 

今回は新型コロナウイルスが中国の武漢市の研究所から

流出したことの主張を裏付ける「決定的な証拠」がいつ公開されるのかについて

まとめていきます。

 

 

トランプ政権が武漢研究所からコロナが流出したことを主張

 

先程はトランプ政権が新型コロナウイルスが武漢研究所から意図的ではないものも

流出をさせてしまったことを主張したことを紹介しました。

 

マイク・ボンベオ国務長官は米ABCの政治番組「ディス・ウィーク」でこう

主張をしております。

マイク・ボンベオ長官は米ABCの政治番組「ディス・ウイーク(This Week)」で、「そこが始まった場所であるという大きな証拠がある」と述べた。

引用元

しかし、この新型コロナウイルスが意図的に流出したかどうかは

具体的な主張を避けております。

 

決定的証拠の中身とは?

 

その「決定的証拠」というのについては現在もトランプ政権側からは

公表をされておりませんが、ネット上ではこいつではないか?というのがあります。

 

新型コロナウィルスの発祥地とも言われている武漢。そんな中、ドナルドトランプ米大統領が武漢にある研究所からウィルスが漏れたのではないかと指摘。その証拠もあるとしているが証拠は出せないとしている。

そんな中、武漢にあるウィルス研究所の研究員である石正麗(せきせいれい)が家族と共にフランスのアメリカ大使館に亡命していたことがわかった。研究員は1000近くもの極秘書類を持って保護を要請。

保護された人は研究員の情報共有についてはフランスとアメリカで行われるようだ。

財産と資料ともに守られており、現在この研究員はオーストラリアに送られた。

引用元

 

ですが、後ほどでた情報では中国のメッセージサービス、WeChatにて

否定する投稿が行われております。

石正麗の亡命について中国のメッセージサービス、WeChatに否定する投稿が行われた。WeChatには文章とともに9枚の写真が確認されたと中国の公式メディアであるグローバルタイムズは報じている。

引用元

情報戦なのか本当に亡命しなかったのかはわかりませんが

亡命が本当ならそのときに持ち出した資料が関係しそうですね・・・・

 

ですが、証拠についてはまだ提示しないということから

一部の声では「実は証拠を持っていないのでは?」ということになりますが

それならなぜこういうことをするのか気になる所ですね・・・

sponsored link

武漢研究所が新型コロナウイルスから流出したことを示す証拠はいつ公開される?

 

いつ公開されるかについてはまだ明言はしておりませんので

下手したらその公開が1年後になってしまうかもしれません。

 

ただ中国がいう「選挙パフォーマンス」だとしたら今年の11月3日ですし

今もなお注目を集めている新型コロナウイルスですから

予想としては6月までに出されそうな気はしますけどね・・・・

 

ただトランプ政権がこう口火を切った以上はどんな展開になっても

誰かは損すると思うのは間違いはないと思います。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links