ニュース

新しい生活様式はいつまで続く?学校や旅行の実践例についても

Sponsored Links

新型コロナウイルスの短期的な感染の終息は考えにくく、また国内の感染状況に応じての

持続的な対策が必要になるということが専門家会議の中で提言されました。

 

その中で「自粛疲れ」を懸念されていることに注目し、制限を徐々に緩和していくことが

発表されておりますが、再びの感染拡大を防ぐために「新しい生活様式」というのが

重要視されております。

 

今回は「新しい生活様式」についての学校や旅行の実践例や

いつまで続くかどうかについて調べていきます。

 

 

新しい生活様式とは一体何?

 

5月4日の諮問委員会の前に開かれた専門家会議で「新しい生活様式」について

実践例の方が提示されております。

主に下記のことが新しい生活様式のようですね。

基本的な感染対策
・外出時にはマスク 遊びに行くなら屋外
・人との感覚はできるだけ2m空ける
・会話は可能な限り対面を避ける
・帰宅後はまず手・顔を洗う 手洗いは丁寧に
・流行している地域からの移動を控える
日常生活
・こまめな手洗い・消毒・換気
・「密閉・密集・密接」の回避
・屋内 会話の際 症状なくてもマスク着用を
生活の場面ごとの例
・買い物はひとり・少人数で空いた時間に素早く
・交通機関使用時は会話少なめに 混んでいる時間帯を避ける
・食事は持ち帰り・出前 大皿を下げる
働き方のスタイル
・テレワーク・時差通勤
・会議・名刺交換はオンラインで
・対面で打ち合わせをする際には換気 マスクをつける
見ている限りでは緊急事態宣言と同じような生活をしろと言われているような
気もしなくはないですが・・・・

ちなみに食事は横並びにするのが良いのですが、出来るかといわれると・・・・

新しい生活様式の学校のスタイルについて

sponsored link


新しい生活様式の学校の新しいスタイルについては現時点では出ておりませんが

上記のことから考えると、集団での授業というのはできなさそうですね。

 

Twitterではオンライン授業を設けるべきという声がありますが

まだまだ実践ができていない所もあると思うので難しいですね。

 

新しい生活様式はいつまで続く?

 

新しい生活様式の期間とはいつまで続くかどうかについては

緊急事態宣言が解かれるまでは限定的なものであると思います。

 

長引く緊急事態宣言で自粛疲れへの対処法として出していると思うので

緊急事態宣言が解除されたら新しい生活様式というのはなくなると思いますが

本当に解除されるかというと違うと思います。

 

国民の不安や苛立ちが募る一方でまだまだ自粛をしろと言われるのは結構きついですが

ここは踏ん張りどころでしょう・・・

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links