ニュース

緊急事態宣言の延長で給付金の追加はある?毎月10万円もらえる可能性についても

Sponsored Links

政府は3日、新型コロナウイルスに関する緊急自体宣言について6日の期限を

31日まで延長する方針を固めまhした。重点的的な対策が必要な「特定警戒都道府県」

以外の地域は行動制限を一部緩和するということです。

 

この中で一律10万円の給付をもう一度すべきであるという意見がありますが

今回は緊急事態宣言の延長で給付金の追加があるのかについてまとめていきます。

 

 

10万円給付について

 

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による「一人あたり10万円の現金給付」の

申請、支給方法については「郵送」か「電子申請」が基本になります。

 

給付の対象者は「2020年4月27日時点で、住民基本台帳に氏名が記録されている人」が

対象で、収入による条件はありませんが、年金保護制度の保護者の収入認定については

収入については認定されておりません。

 

自分がマイナンバーカード持ってない場合なら郵送であるかはわかりますが

マイナンバーカードを持っている場合だとちょっとわかりにくいです。

ですが五霞町のマイナンバーカードのやり方がかなりわかりやすいです。

引用元

 

マイナンバーカードに「署名用電子証明書」が付与しているかつその暗証番号を覚えてる

そして、マイナンバーカードに対応したカードリーダーとパソコンやスマホを持ってないと

いけないので、非常に手間です。

 

外付けカードリーダーというのは一例ですが下記のやつです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サンワサプライ/USB3.1 マルチカードリーダー ホワイト/ADR-3ML39W
価格:2172円(税込、送料別) (2020/5/3時点)

楽天で購入

 

 

 緊急事態宣言の延長で10万円給付が追加される?

 

自民党の若手議員らは一律10万円の給付を後2回行うように提言をまとめました。

自民党の若手議員らは新型コロナウイルスに対する第二次補正予算案の編成を急ぐべきだとし、100兆円の財政出動を求める提言をまとめました。減収した事業者に対する「持続化給付金」に50兆円、一律10万円の給付をあと2回実施するために26兆円などとなっています。財源はすべて国債を発行して賄うとしています。今後、政府に提出する方針です。

引用元

Twitterでは10万円給付が1回だけでは足りないことを指摘しています。

自民党の若手議員から提言されているので少しは信じてもいいとは思いますが

まだ1回目の給付を受け取れていない方もいると思うので実現するかまでは不明ですね・・・

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links