ニュース

学費半額はいつ頃に実現する?署名の方法についてのまとめも紹介!

Sponsored Links

学費半額の署名運動が今月24日から始まっているのがありますが

その中で「一律学費半額を求めるアクション」というのがあります

 

5日間でネット署名が一万人を突破しておりまして

4月29日には各野党に要請の方を行いました。

 

今回は学費半額がいつ頃に実現するのかや署名の方法について紹介していきます。

 

 

学費半額署名運動について

 

新型コロナウイルス感染拡大のなか、すべての学生が安心して

在学を続けるための補償を求めて先月24日から始まっているのが

「国による一律学費半額と大学などへの予算措置を求める」

という運動になります。

 

発信者である「一律学費半額を求めるアクション」代表、山岸鞠香さんは

こうおっしゃっております。

 

山岸さんは、「コロナ禍で大学自体利用できないこともあり、学生への対応も国公立と私立でも違います。共通する要求として、『#学生に予算を #大学にも予算を』に掲げました」と語りました。成城大学で、「学費減額を求める会」をつくった松田彩花さんは、「こういう活動は初めてなので、各大学の学費減額署名の発起人が集まり、いろいろなノウハウを共有しています」と語りました。

引用元

 

現在のコロナ禍での学生生活で感染の危険がある中

1200人の中約4割がアルバイトを続けていると回答しております。

 

学費半額の署名を行う方法は?

 

先程紹介した学費半額運動には現在も署名をすることができます。

2020/05/02段階では約1万5千人

一律学費半額の運動に影響してなのかはわかりませんが

各大学も署名運動をしております。

 

  • 青山学院大学

  • 日本女子大学

  • 関西学院大学

  • 中部大学

学費半額は実現する?

 

2020/05/02の国会で、新型コロナウイルスに対策に関する政府と与野党の

連結協議会会合を開き、学生への支援を含む補正予算案をするよう求めました。

 

野党側は緊急事態宣言を延長する政府方針を受け、追加の対策を盛り込んだ2020年度第2次補正予算案を速やかに編成するよう求めた。中小企業の家賃負担軽減や、学生への支援を与野党で協力して実現すべきだと呼び掛けた。

引用元

ですが一部の大学では支援策を発表しておりますので

やるかやらないかは正直わからないというところです。

 

例えば、慶応大学では一人あたり最大40万円の経済支援を発表しておりますが

他の大学、特に国立大学がやるかどうかは今の所わかりません。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links