ニュース

佐藤バラン伊里の経歴や経歴詐称の過去のまとめ!!顔画像や評判についても!

Sponsored Links

楽天が法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスのPCR検査キットを

開発している「ジェネシスヘルスケア」の佐藤バラン伊里さんが

過去に経歴を詐称しているという疑惑が浮上しているということが話題になってます。

 

楽天との関係も気にはなる所ですが、今回は佐藤バラン伊里の経歴や

プロフィールについてまとめていきます。

 

 

佐藤バラン伊里について

 

引用元

プロフィール

名前:佐藤バラン伊里
最終学歴:早稲田大学大学院 ジア太平洋研究科 博士
生年月日:1969年
出身:

佐藤バラン伊里さんが下記で紹介する佐藤芹香さんと同一人物かについては

週刊文春にある経歴と似ております。

引用元

佐藤芹香について

 

週刊文春では佐藤バラン伊里さんのことをかつて佐藤芹香さんという名前で

活動していたことが報じられております。

 

佐藤芹香さんという方がどういう問題を起こしたかというと

「米国の心臓外科医」、「21歳で米コーネル大学の医学部と政治学部を卒業した」

という経歴についての疑惑が浮上しております。

 

そのことについては2006年段階で週刊文春が調査しておりますが

その時に調査した時ではコーネル大学医学部にいなかったという情報があります。

 

そして佐藤芹香さんが非常勤を勤めていると言った東京大学でも

医学部と薬学部で佐藤芹香に教鞭取らせているという事実がなく

そして非常勤講師としても採用したことがないそうです。

sponsored link


また、コーネル大学医学部を卒業しているなら、ニューヨーク州の医師免許を

持っているべきですが、佐藤芹香の名前がなかったそうで

本当に医師免許を持っているのかという情報があります。

 

過去の2chでも指摘されております。

また面白いニセモンが現れましたね

1991年 コーネル大学政治学部・ワイルコーネルメディカルカレッジ卒業後、
ワイル・コーネル・メディカル・ホスピタル心臓外科担当医に就く。
2000年 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士卒業。
2004年 上記の博士後期課程卒業。
2004年3月 日本ウェイトマネージメントを創業、代表取締役。
現在は、50社以上の企業の健康顧問・K-1選手等にも講演会をしている。
早稲田も嘘なのん?

引用元

 

リンクの方は切れてしまっておりますが、研修医期間3ヶ月で

勤務医一年で開業しているというのがなんとも胡散臭い

研修医期間3ヶ月・・・
勤務医1年で開業・・・

これって普通なの?

引用元

 

ちなみに2005年に出版したとされる「遺伝子型ダイエット」の人でもあります。

遺伝子型がわかれば、痩せるのはこんなに簡単。「日本人特有の肥満遺伝子」の研究をベースに、米国での最先端の遺伝子研究で得た様々なノウハウを加え、日本人向けに作った新しいダイエット法を紹介。

【著者紹介】
佐藤芹香 : 米国コーネル大学政治学部および医学部卒。米国で肥満遺伝子のタイプに基づいた心臓病の治療・予防を研究。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士(MBA)、同大学大学院博士後期課程(PhD)修了。04年日本ウェイトマネージメントを設立。日本人特有の肥満遺伝子の研究結果に基づく健康増進・減量プログラムを、企業や個人に提供している

引用元

 

佐藤バラン伊里について

 

佐藤バラン伊里さんにつて情報は「ジェネシスヘルスケア」の情報しか

ありませんが、プレジデントオンラインでの取材によれば以下の経歴があります。

ジェネシスヘルスケア株式会社 佐藤バラン伊里 代表取締役。外資系投資銀行での勤務を経て、3人の子どもを育てながらアメリカ人の夫と起業した。

 

当時のインタビュー記事によれば、創業のきっかけについては

息子が高機能自閉症とアメリカで診断されたそうです。

起業したきっかけは、本当に個人的な事情でした。実は息子が1歳の時に、高機能自閉症とアメリカで診断されました。保育園で他の子どもたちとはちょっと違う、変わった行動をとっていたので、もしや、と医師に診ていただいたのです。

おそらく遺伝子が影響しているだろう、とのことでした。向精神薬を処方すれば症状は改善しますが、我が子を一生薬漬けにするのには抵抗がありました。

それで、夫と私と息子の遺伝子解析をして原因が特定できれば、別の対症療法をとれるのではないかと考え、遺伝子配列の研究をされている先生方にお願いし、会社組織にして先生方と共同研究を重ねたのが弊社のスタートです。ですから、極めて利己的な目的で始めた事業なんですよ。

引用元

 

子供の治療のためにスタートした会社が2004年には帰国内シェア7割に成長

そして佐藤バラン伊里さんがすごい人であると紹介されております。

 

流石に業績までは嘘ついてたらそれまでにはバレていないと思うので

本当であると思いますが、経歴詐称したことによって今回のPCR検査キットの

製造開発を退陣を余儀なくされております。

 

まとめ

 

というわけで佐藤バラン伊里さんについてでしたが

過去にもこんな人がいたような気がしますが、ばれるもんなんですね。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links