ニュース

緊急事態宣言の延長の判断時期はいつ決まる?学校や保育園の影響についても

Sponsored Links

4月17日での会見で緊急事態宣言の延長の可能性について質問をうけた

安倍首相は専門家の提言をもらいながら判断するとしています。

 

緊急事態宣言の実施期間は5月6日となっておりますが

東京都内では感染者数が今もなお減少する勢いは見せておりません。

 

延長期間については”最低2週間”という意見もありますが

一部コメンテータの意見では緊急事態宣言は5月6日までには終わらないという

意見がありますが、延長の時期がくるんでしょうかね:・・・・

というわけで今回はその可能性についてまとめていきます。

 

 

緊急事態宣言の延長の可能性は?

 

緊急事態宣言の延長の可能性については5月5日前後に判断するそうですが

大型連休後半に延長するかどうか決めるようですね。

 

政府は、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」について、5月6日の期限直前となる大型連休後半に延長の是非を判断する見通しだ

引用元

 

ただ政府によれば延長や解除の判断は全国一律ではなく

地域ごととのことになるので東京都ではまだ解除されなさそうですね・・・・

 

Twitterでは緊急事態宣言の延長に積極的な意見がおおいですね。

緊急事態宣言での学校や保育園の影響はある?

 

緊急事態宣言での学校や保育園の影響は延長を受けた地域は

学校開始の日程を延期する可能性が高いです。

 

東京都ではすでに学校の延期を決定しておりまして

学校側も対応の方をとっております。

東京都自体はかなりの感染者数が増加しているので

こうした対応がありますが、それ以外の地域ではあまりないので

現状では東京都以外では対応がないと思われます。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links