ニュース

10万円給付の対象者は赤ちゃんや子供は含まれる?住民基本台帳に記載されているかの確認方法は?

Sponsored Links

10万円の給付が近々されているようですが、外国人や生活保護者も対象になるのか

など色々騒がれておりますが、10万円の給付には赤ちゃんや子供が含まれるのか

気になるとこですので今回は10万円給付の対象者にあかちゃんや子供が含まれる

のかまとめていきます。

 

 

10万一律給付の対象に赤ちゃんや子供は含まれる?

 

20日夕方に総務省が発表した10万円給付の対象についてですが

主に以下の資格が必要とのことです。

総務省は、20日夕方、10万円の一律給付の概要を発表しました。それによりますと、給付は、国籍を問わず、今月27日時点の住民基本台帳に記載されているすべての人が対象になるということです。

具体的には、国内に住む日本人と3か月を超える在留資格などを持ち住民票を届け出ている外国人が対象となります。

引用元

 

住民基本台帳というのは「住民票を取りまとめたもの」ですが

4月27日時点で住民基本台帳に記載されている方が対象になります。

 

住民基本台帳についてですが、総務省HPでは以下のことが書かれてあります。

 住民基本台帳は、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編成したもので、住民の方々に関する事務処理の基礎となるものです。
住民基本台帳の閲覧や住民票の写しの交付などにより、住民の方々の居住関係を公証するとともに、以下に掲げる事務処理のために利用されています。

  • 選挙人名簿への登録
  • 国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、国民年金の被保険者の資格の確認
  • 児童手当の受給資格の確認
  • 学齢簿の作成
  • 生活保護及び予防接種に関する事務
  • 印鑑登録に関する事務

引用元

氏名や生年月日、性別などを記載されているものでして

住民票をまとめたものがそれになります。

sponsored link


出生届から住民票や戸籍の証明書に登録されるのは

府中町のHPですと、「発行日から翌日~1週間後」と書いているので

4月の頭で出産をされた方ならもしかしたら対象になるかもしれません。

 

子供についてはもちろん住民基本台帳に登録されているので受け取ることができます。

 

ちなみに外国人については以下のことが書かれてあります。

基準日時点で住基台帳に記載のない海外にいる邦人は対象外となる。一方、住基台帳に記載がある外国人は給付を受けられる。

引用元

 

なので住民基本台帳に記載がある外国人は給付を受けられるということなので

受け取れるかどうかについては住民票を届けられるかでチェックするといいですね。

 

まとめ

 

というわけでで10万円の給付が赤ちゃんや子供も対象になるのかでしたが

肝心の給付の日付が5月下旬になっているというのが気になる人がいます。

 

今はスピードが求められていますが、結局遅れてしまったのは

政府の責任としてされそうですが、受け取れることには間違いないので

私達一般市民は受け取れるようにしましょう。

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links