ニュース

ピオデミリア記者の経歴と赤い旅団の関係は?安倍首相会見の質問の意味とは?

Sponsored Links

今日行われていた安倍首相の会見において最後の最後に質問をしていた

イタリア人記者の方がいますが、今回そのイタリア人記者の方が炎上しております。

 

なんかさらっと調べてみるとピオデミリア記者の方らしいですが

なんかよくない評判がたくさん出てきていますね・・・・

 

今回についてはピオデミリア記者についてまとめていきたいと思います。

 

ピオデミリア記者のプロフィールについて

 

wikiで書かれている情報ですと下記の通りになります。

ローマ生まれ、イタリア国籍。1979年ローマ大学法学部を卒業後

法律事務所でインターンを務めた。慶應義塾大学に留学。

引用元

 

ローマ大学法学部を卒業後はジャーナリストのイタリア国家資格を取得しており

様々なメディアと協力し30年以上ジャーナリストの仕事を続けております。

 

一応日本語で書かれた本も出版されております。

 

この人について検索すると「菅直人」と出てきますが

どうやら20年来の友人であり、菅直人の内閣総理大臣在任時に

特別顧問を務めたことがあります。

 

2011年7月には、夕食の席で菅直人に対し

日本もイタリアのように原発存廃についての国民投票をすることを勧めたそうです。

 

ピオデミリア記者と赤い旅団との関係は?

 

ピオデミリアさんは過去に赤い旅団の弁護士を担当したことがあります。

的場昭弘教授、市田良彦教授、そしてイタリア人、「赤い旅団」ロイヤ-にして、現ジャ-ナリスト、ピオデミリアさんをメインゲストに招き、
~中略~
ピオデミリアさんは、イタリア「赤い旅団」の弁護士をやられた方で、現在、出獄したその幹部諸氏やネグリとも親交が深く、若松孝二「実録・連合赤軍」ら若松映画をイタリアに紹介し、若松さんをイタリアで超有名人にした人でもあります。

引用元

ですがそれ以降での関係性については出てきませんが

菅直人さんとの交友関係から安倍首相に対して批判したいだけでは?という声があります。

sponsored link

ピオデミリア記者が安倍首相会見にした質問の意味は?

 

ピオデミリア記者がした質問については下記の通りになります。

これに対して「責任をとればいいというものではない」と発言していることから

そのことについて今後突っ込まれそうですが

日本はイタリアよりも死者数が少ないということも発言されております。

 

現在は確かに少ないかもしれませんが、これで責任を取らないということについて

引き出せたということはやっぱりなんか裏がありそうですね・・・

 

というわけで以上になります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links